MacBook Air の外付けDVDドライブを購入する場合の注意点

macbookair_dvd_drive_title.jpg

MacBook Air でWindows等のソフトウェアをインストールする場合に思わぬ罠があることをご存知でしょうか?

それは「外付けDVDドライブ選び」。

「Apple純正? 高いから無理。 他社製の安いので十分でしょ。」と考えている人には、私の失敗談を含めて読んでもらえればと思います。

「バスパワー」の誘惑に釣られてはいけない

実は、外部DVDドライブが「USBバスパワー駆動のみ」だと、MacBook Airで給電される電力は5V/500mAと貧弱なのです。

この給電能力はデータ読み込みやメディア再生であれば大丈夫ですが、OSブート用あるいはソフトウェアインストール用として利用する場合は足りません。

つまり、ACアダプターが使えるDVDドライブを用意する必要があるのです。

この給電能力周りの問題は MacBook Air でトラブルを抱える人の混乱を助長しているように思えます。

失敗例とAppleの差別

macbookair_dvd_drive_logitec.jpgたとえば、私が何も知らずに購入してしまったLogitec製の安価なDVD読み込み専用ドライブ「LDV-P8U2LBK」はバスパワーのみの給電方法しか用意されていないため、Mac/WinインストールCDからのブートができません。

Amazonレビューでもこの製品は大人気であり、高評価でもあり、MacBook Airで問題なく使っている方がいらっしゃったので「おっ!」と思って買ったんですが、やられました(T-T)

起動と同時にアクセスランプはチカチカするんですが、数秒経つと「シューン…」とスピードダウンしながら停止。 どうやらレビュアーの方はCDからのOSインストールの経験までは無かったようです。

Apple製は大丈夫なわけ

640px-MacBook_Air_SuperDrive

バスパワーといえば「じゃあApple純正のSuperDriveはどうなんだ?」ということになりますが、実はSuperDriveは特例で給電パワーを5V/1100mAまで増幅させることができるように作られているのです。

これはMacBook AirとSuperDriveの組み合わせの成せる技で、他社製ドライブに非常に不利にできています。

しかし、お値段がねぇ、、6,000円以上というのがちょっと高いですよね。 Windowsマシンも所有している身としては、なるべく互換性のあるものを選びたいというのが本音。

安価なACアダプタ対応のポータブルDVDドライブを探す

macbookair_dvd_drive_buffalo.jpgということで、新宿のビックカメラで購入したのがBUFFALO製の「DVSM-PC58U2V-SV」+専用ACアダプタ(AC-DC5-BK)で合計4,824円

若干高くなりましたが、この製品にはUSBケーブルがメインとサブの2つ付いています。

もしACアダプターを持参しなくてもUSBポートに2つ差すことでOSブートやソフトウェアインストールに利用することができるというわけ。

それだけでなくACアダプターの端子も備えているので、二重三重の安全が図られている安全設計。 あと、MacOS 10.6以上を動作保証しているのもうれしいところ。

ACアダプターは別売りなので購入しないといけないですけどね。

ちなみにACアダプターなしでMacBook Air にUSB2つ差しでインストールしようと思いましたが、いかんせんケーブルが短くてキーボードの上に乗っかる形になってしまったので、結局ACアダプター頼りになりました(^-^;

店舗に行ってみて驚いたんですが、ACアダプタ付属のポータブルDVDドライブが驚くほどすくないんですよね。 据え置きのDVDドライブであればACアダプタが付属してるんですが、ポータブルではほとんど見かけませんでした。

インストールできた。

daniel_dvd.jpg
special thanks: illustrated by Kana Tashima

さて、結果はどうだったかというと、問題なし。 ちゃんとCDから立ち上がってインストール作業を進めることができました。

というわけで、失敗を経てまた一つ貴重な教訓を学んだのでした。
みなさんも注意しましょうね!

※↓今回説明したDVDドライブは新モデルが出ています

このページをシェアする

1 件のコメント

  • もだ より:

    Apple USB SuperDrive(旧MacBook Air SuperDrive)は、5V/1100mAを必要とします。MacBook AirのUSB 2.0は、これに対応した特殊な仕様となっています。5V/500mAはUSB 2.0の標準仕様ですが、それ以上を供給します。近年のMac製品は、iPadの急速充電などに対応するため、どれも特殊な作りとなっています。2012年現在、Apple USB SuperDrive(旧MacBook Air SuperDrive)はMacBook Air、mini、Retinaでしか動作しませんが、これはMac側にApple USB SuperDriveを使用するための認証があるためです。認証できないPCはもちろん、5V/1100mAの条件を満たしているMac製品でも、Apple USB SuperDriveを使用することはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2012-01-28