スマホに最適なポータブルスピーカー:フィリップスSBT30

sbt30_title.jpg

私事ながら、バンドネオンを演奏してまして、グループで音を合わせたYoutube動画をスマホを使ってカラオケボックスで練習用に鳴らしてるんですが、音量MAXにしても音が小さすぎて練習にならないんですよね。

そこでスマホ用に簡単に持ち運びできるくらい小型で、バッテリー駆動できて、音量が大きいもの、あと5,000円くらいで手に入るものを探してみると、フィリップス SBT30と、SONY SRS-BTV5が候補に挙がったのでビックカメラで聴き比べてみました。

どっちも同じくらいの安い価格帯でBluetooth対応だったので、小型で考えるとSONYのほうかな~と思っていたんですが、SONYのほうはアンプのワット数が1.2Wと少ないせいか音量が小さく(Philipsのほうは2.0W)、小型なだけに低音域がぜんぜん聴こえないし、音自体がシャリシャリした音でぜんぜん気持ちよくありません。

サンプルで店員さんにミスチルの曲とジャズの曲を流してもらいました。

sbt30_connector.jpg

いっぽうでPhilips SBT30のほうは低音域はやはり弱いながら(それでもSONYのよりは聴こえる)、音量の大きさ、高音・中音域の音質の良さが明らかでしたね。

カラビナが付いていて余計な荷物にならないし、バンドを組んでる方にとっても良い練習相手になってくれると思います。
今はイヤホンもPhilips製のを使ってますが、このメーカーは音関係は素晴らしいものを作ってきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2013-11-03