デバイス

iPhoneアプリ制作をビジネスとしてやっていくにはこれを読め!的な本が出ました。

各所で話題になっている「iPhoneアプリ設計の極意 -思わずタップしたくなるアプリのデザイン-」をとうとう手に入れました。 若干高価ながらも、どうしても手に入れたかった理由。 それは、iPhoneアプリをヒットさせた先駆者の方々のUIデザインのノウハウを把握しておきたかったから。

iPhoneアプリ開発中はシミュレーターを使ってデバッグ等を行うわけですが、開発中に間違ったデータを保存したりすると、読み込み時にも間違ったデータを読み込んでしまい、うまく起動することができません。そのトラブルを回避する方法として、間違ったデータファイルを削除するのですが、そのファイルがどこに保存されているのか分からない方もいるのではないでしょうか? 今日はそれを調べて削除してみることにしましょう。

本書では前半に安定的なiOSアプリを作るためにXCodeで見るべき部分(デバッガによる変数チェック、iOSプロジェクトの構成)やメモリ管理のしくみ(Instrumentを使った解説)を実際に動かして見せながら説明してくれます。

「頭で考えるのと実際作るのでは全く違う」。 これはiPhoneアプリ制作にも言える格言のようなものですが、多くのiPhoneアプリ開発本で学ぶ「サンプルアプリ」と、自分が作ろうと思っている「オリジナルアプリ」の間にはなかなか乗り越えられない壁があります。

iPhoneアプリ開発の本を読んでいて、あちこちでObjective-Cの特殊な文法や構造に四苦八苦してしまうため購入してみました「世界一わかりやすいObjective-Cプログラミングの授業」のレビューです。

これは、ひとり寂しく不安な心持ちでiPhoneアプリやAndroidアプリを開発している(しようとしている)人への強い味方が登場しましたね。

IT系の難しい技術を分かりやすく教えてくれる点においては、個人的に一押し!の著者「森 巧尚」さんによるiPhoneアプリ開発本が出ました!

さて、所有から3年目を迎えるiPhoneですが、今年も多くのアプリを発見し、インストールしては削除してきました。笑 その中で、私がホーム画面の1ページ目に配置している、個人的に利用頻度の高かった有用アプリランキングを出してみましたよ。

今回は私が直にソフトバンクショップで伺ってきた違約金システムをご紹介しようと思います。