plugin-containerで実現できたFirefox「トカゲのしっぽ切り」システム

FirefoxがVer.3.6.4から導入した「plugin-container」機能が面白い。 こんな改造をこっそりやってくるなんてね。

Firefoxの解説ページにはVer.3.6.4から組み込まれた「plugin-container」についてこんなことが書かれています。

プラグインがクラッシュしても Firefox のメインプロセス (firefox.exe) はクラッシュせず、
開いたままにしておくことができます。

うはは。 FlashやQuickTime、Silverlightなどのプラグインはその処理の大きさからFirefoxの動作自体を止めてしまうほどの悪影響を及ぼすことがありますが、それを避けるためであると。

実際、Flashが使われたサイトを見ると「plugin-container.exe」がCPUパワーを食い続けているところが見て取れます。

Appleも、過去の苦い経験からiPhoneやiPadではFlashを許可していません。

今回の措置は、Appleほどあからさまではないにしても、うまい具合に「トカゲのしっぽ切り」が出来るようにしたシステムだと言えるでしょう。

このページをシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2010-07-22