iOS6リリース前に現在のiOSバージョンのシェアを調べてみた。

upgrade-to-ios6.png

さて、iOS6が間もなく正式にリリースとなりますが、アプリ制作者として最も注目したいのがSafariにファイルアップロード機能がついに実装されるという点です。

これによって、制作者側はわざわざObjective-Cでネイティブアプリを作ったり、メール添付経由でなくてもWEBアプリのままで画像を投稿してもらうことが可能になります。

ただ、このiOS6にどれくらいのユーザーがどれくらいの期間で乗り換えてくれるのか? Android OSではOSのアップグレードがなかなか進まず開発者が苦労していますが、Androidほどではないにしろ、iOSでもその問題はつきまといます。

ちなみに、2012年8月のiOSのバージョンごとのシェアを私が運営に関わっているポータルサイト(一般PCユーザーがメイン)から抽出してみました。

iOSの各バージョン比率(2012/8/1~2012/8/31)

iOS 訪問数 比率 合計比率
(not set) 6 0.03% 0.03%
6 2 0.01% 0.01%
5.11 16,366 76.02% 87.37%
5.1 1,215 5.64%
5.01 1,066 4.95%
5 162 0.75%
4.35 629 2.92% 11.93%
4.34 38 0.18%
4.33 823 3.82%
4.32 111 0.52%
4.31 90 0.42%
4.3 177 0.82%
4.21 448 2.08%
4.1 178 0.83%
4.02 25 0.12%
4.01 23 0.11%
4 26 0.12%
3.22 40 0.19% 0.60%
3.21 14 0.07%
3.2 49 0.23%
3.13 22 0.10%
3.12 5 0.02%
2.2 2 0.01% 0.04%
2.1 3 0.01%
2 3 0.01%
21,528 99.98% 99.98%

ファイルアップロードをWebアプリだけで作って良いのか?

すでにiOS6が含まれているのは、開発者向けにベータ版がリリースされているからですね。 注目する点としてはiOS4以上のユーザーが99.31%と、ほぼ100%であること。

もう一つは、iOS5にアップグレードしていない(or できない)ユーザーが12%ほどいて、これらのユーザーはおそらくそのままのバージョンのOSを使い続けるであろうということです。

そうなると、おそらく予想として現iOSユーザーの約75~80%がiOS6に移行してファイルアップロードに対応してくれるのではないかと思います。

iOS6で切られるデバイスは?

www.apple.com 2012-9-12 11-32-15.png

気になる点としてはiOS6でサポートが切られるデバイスがあるかもしれないことです。 制作者として一番気になるのはiPhone3GSの動向でしょう。

iPhone3GSのサポートがiOS6で切られた場合は、iOS6ユーザーは70%くらいまで落ち込む可能性もあります。

逆に上がる可能性としてはiPhone5の登場による旧デバイスからの買い替えユーザーです。 現行の12%のうち、約半数が乗り換えてくれると80~85%がiOS6になることもあり得ます(もちろんすぐにそうならないでしょうが)

iOS6がリリースされたあともこの統計を取り続けて、実際にどれくらいのユーザーがiOS6に移行してくれたのかを引き続き調査していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2012-09-12