Pleskでcomposerを使えるようにする方法

composer (composer.phar) はPHPでWebシステムを構築する者にとって必須の機能になりつつありますが、Pleskに導入する場合はちょっとしたコツが要ります。

今回はPlesk10上で設定していますが、10以降のバージョンでも同様の過程で可能ではないかと思います。

ionCubeローダーを無効化

curlコマンドで「composer.phar」をダウンロードしようとしても次のようなエラーでダウンロードすることができません。

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
The ionCube Loader extension is incompatible with Phar files.
Remove this line (path may be different) from your `php.ini`:
zend_extension=/usr/lib64/php/modules/ioncube_loader_lin_5.3.so

このエラーを無くすには設定ファイルの行をコメントアウトします。

# vi /etc/php.d/ioncube-loader.ini
(以下の行をコメントアウト)
zend_extension=/usr/lib64/php/modules/ioncube_loader_lin_5.3.so

SVNパッケージのインストール

これでcomposer.pharまではダウンロードできますが、試しにSmartyをインストールしようとしてみます。

composer.jsonを作成

{
"require": {
"smarty/smarty": "*"
}
}

Smartyをインストールするとエラー

これでSmartyパッケージをインストールしようとすると、今度はSVNパッケージが無いと怒られます。

$ php composer.phar install
[RuntimeException]
Package could not be downloaded, sh: svn: command not found

これを解決するにはSVNパッケージをインストールします。

$ su -
Password: <パスワード入力>
# yum install svn
...

これでもう一度インストールコマンドを入力すると無事にSmartyパッケージがvendorディレクトリにインストールされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2014-02-28