CentOS6にPHPのImageMagickモジュールをインストールする

ImageMagickパッケージのインストール自体はスムーズにいったのですが、PHPでImageMagickを使えるようにするためのモジュールのインストールで意外と手こずってしまったので、記録に残しておこうとおもいます。

peclコマンドで入れようとすると…

お手軽にこれだけで入ると思っていたら…

# pecl install imagick
-bash: pecl: command not found

あれ、peclコマンド自体がない…

# yum install php-pear php-devel
...(中略)...
Complete!

もう一度peclコマンドを実行すると…

gcc、makeも入ってなかった

# pecl install imagick
...(中略)...
checking for cc... no
checking for gcc... no
configure: error: in `/var/tmp/pear-build-root24dxm5/imagick-3.0.1':
configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH
See `config.log' for more details.
ERROR: `/var/tmp/imagick/configure --with-imagick' failed

うおー、gccコンパイラが入ってない!このあと、makeも入ってないことが判明。

# yum install gcc make
...(中略)...
Complete!

実はこの時間違って「yum -y install gcc」を実行してしまい、gccパッケージの構成がおかしくなってしまった(おそらくパッケージ重複)。
そこで「yum install yum-utils」コマンドでユーティリティをインストールし「package-cleanup –cleandupes」コマンドで重複したであろうパッケージ群を一度クリアにして、再度「yum install gcc」をやったらうまくインストールされたのでした。

ようやくImageMagickモジュールがインストールされる

# pecl install Imagick
downloading imagick-3.0.1.tgz ...
Starting to download imagick-3.0.1.tgz (93,920 bytes)
.....................done: 93,920 bytes
13 source files, building
...(中略)...
configuration option "php_ini" is not set to php.ini location
You should add "extension=imagick.so" to php.ini

あとは「extension=imagick.so」の記述を/etc/php.d/imagick.iniに書き加えてWebサーバーの再起動で使用できるようになりました。 良かった良かった。

このページをシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2013-05-24