MovableType

MovableTypeの国内開発者のイベント「MTDDC 2011」の中心的テーマであったMovableType 5.1ですが、そこで書籍を頂いたので早速レビューしてみました。
本書「MovableType 5.1 プロの現場の仕事術」は、MovableType5.1プラスαのテクニックで皆さんのブログを遥かにパワーアップさせるためのノウハウが多方面に渡ってディープに載っている、最新テクニック本です。

MovableTypeを使ってサイト制作している方は数多くあれど、動的ページ生成モードの「ダイナミックパブリッシングを深く理解している方はそんなに多くないと思います。 それは…日本語の情報が少ないから! ということで、SixApart社が提供している「ダイナミックパブリッシングの仕組み」についての公式ドキュメントを自分なりに読解してお届けしようと思います。

MovableTypeにZenbackを導入したくない人向け。

MovableTypeのテンプレートを「ダイナミック」にすると、ダイナミックパブリッシング(動的生成)が有効になり、ブログ直下に「mtview.php」が配置されます。 このmtview.php にリクエストの全てが集められるため、URLによって処理を変えるといったことができれば多彩なことができるわけですが、よく分からない人も多いでしょう。

結構検索の候補に挙がっているようなので、解決方法を書いておきたいと思います。 問題のほうですが、MovableTypeの管理画面を便利にカスタマイズできる「MTAppJQuery」プラグインの「$.MTAppCustomize」で「user.js」ファイル内で一度「more(続き)」をhideで隠してしまうと、次に show を使っても表示出来なくなってしまいます。

MovableTypeにおいて、運用中のブログを複製できる「ブログの複製」という機能があります。このブログが通常のスタティック(静的)である場合は特に問題ありません。ところが、ダイナミック(動的)モードにしている場合だと、ブログを複製してアクセスしても「ページが見つかりません」という表示が出て正常に表示することができなくなってしまいます。

今回はMTAppJQueryでの悩みの一つである「ブログごとにカスタマイズ内容を変えたい場合はどうするか?」という点。 ここを明らかにしていきたいと思います。

MovableTypeを運用中に別のサーバーにサイトごと移動したくなった場合、どのような手順で行えば良いのか? 実際に行う必要があったので、記録がてらご紹介します。

PHPでMovableTypeのDBを操作する事に抵抗を感じる人もいそうですが、やってみると以外と簡単です。 今回はエントリーをタイトルのキーワードで検索する方法をご紹介しましょう。

MovableType5でmt-xmlrpc.cgi を使ったプログラムを作っていて「Can’t call method "label" on an undefined value」が出てしまいましたが、うまく解決できたのでその記録をば。