Plesk11で間違って割り当ててしまったSSL証明書を削除する

plesk_ssl_delete.png

やってしまいました。
PleskでSSLをサイトに割り当てる場合は「サーバ」→「SSL証明書」からやらないとうまくいかないというバグがあるにも関わらず「ウェブサイトとドメイン」の方から割り当ててしまいました。

削除の方法をなんとか見つけたのでシェアしたいと思います。

まず、MySQLサーバにadminでログインします。

$mysql -uadmin -p`cat /etc/psa/.psa.shadow`

で、psaデータベースに入って、問題の証明書のIDを調べます。

mysql> use psa;
Database changed
mysql> SELECT id,name FROM certificates;
+----+---------------------+
| id | name                    |
+----+---------------------+
|  1 |                             |
|  2 | default certificate |
|  3 | www.example.com|
+----+---------------------+
3 rows in set (0.00 sec)

こいつです。 id=3の証明書が諸悪の根源。 この証明書が設定されているhostingデータを調べます。

mysql> SELECT dom_id,certificate_id FROM hosting WHERE certificate_id=3;
+---------+-----------------+
| dom_id | certificate_id |
+---------+-----------------+
|          1 |                    3 |
+---------+-----------------+
1 row in set (0.00 sec)

みつかったら、certificate_idの値を「0」にします。

UPDATE hosting SET certificate_id=0 where dom_id=1;

これでウェブサイトとの関連付けが切れるので、証明書を削除することができます。

plesk_ssl_delete_from_site.png

このページをシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2013-11-11