IT

Yahoo!では、自分たちのサイトがどういったブラウザーを正式にサポートしているかをGrade(階級)で定義しています。

GIGAZINEで秀逸な機能として、記事本文の下に表示される「関連記事」があります。
最近ではサイトの質を評価する基準として「サイト滞在時間」が重要視されてきていますので、サイトの価値を高めるのにも非常に良い機能ではないかと思います。
そこで、MovableTypeでもこの「関連記事」機能を実装してみましょう。

ページに埋め込まれたさまざまなリンクの中には、大きくわけて内部リンクと外部リンクがありますが、ページ上で区別して表示したいと思ったことはないでしょうか?

JavaScriptを使っていろんなdivエリアをクリックで選択状態にできたらいいだろうな、と思って(というか必要に迫られてですが)作ってみました。

CSSによるフォントサイズの指定は「font-size」属性を使って簡単に設定することができますが、ピクセル指定などの絶対的サイズで統一する方法にくらべて非常にやっかいなのが、相対的なサイズによるサイズの統一です。 これをうまく解決する方法を掲載します。

Prototype.jsはJavaScriptを使ってサイトを制作する開発者にとってもはや必携のライブラリとなっていますが、頻繁にバージョンアップが繰り返されたり、意図したとおりの挙動をしてくれなかったりと、イライラするところも多いライブラリです。 とくに、よくみなさんが引っかかるのがEvent.stopObservingの挙動。 マウスクリックによるイベント関数をEvent.observeで登録して、それを後で無効にしたいときに使ったりしますが、実際やってみると削除できない! どうして? と思っていらっしゃった方も多いかと思います。

WEB+DB Pressで読んでも、頭にうまく入ってこず、うーん、うーん、、と唸りながらもなんとかSelenium RCとPHPUnitの連携ができたみたいなので(みたいってなんだ?)、分かりやすく図解でまとめてみました。

MediaWikiを使ってみて、書式一覧の日本語チートシートあるといいなーと思いながらネット上を彷徨いましたが見つからなかったので作ってみました。 まだ全然完成してないですが、とりあえずこれだけ知ってれば作れるかな、ってぐらい。

Selenium RC (selenium-server.jar) のバージョン0.9.2を使っている場合、httpsプロトコルのサイトをInternet Explorerでテストする場合に「*iehta」を利用しますが、残念ながらエラーが発生することが確認されています。
ちなみにエラー内容は「ランタイムエラーが発生しました。デバッグしますか? 行: 1074 エラー: 書き込みできません。」というものです。

Selenium RC(selenium-server.jar)を起動させる際のパラメータ情報が日本語であまり見当たらなかったので翻訳しておとどけします。  Selenium RCのバージョンは0.9.2のものを利用しています。