Selenium

これまで動いていたテストコードがSelenium1.0b2で動かない…大問題発生!?

WEB+DB Pressで読んでも、頭にうまく入ってこず、うーん、うーん、、と唸りながらもなんとかSelenium RCとPHPUnitの連携ができたみたいなので(みたいってなんだ?)、分かりやすく図解でまとめてみました。

Selenium RC (selenium-server.jar) のバージョン0.9.2を使っている場合、httpsプロトコルのサイトをInternet Explorerでテストする場合に「*iehta」を利用しますが、残念ながらエラーが発生することが確認されています。
ちなみにエラー内容は「ランタイムエラーが発生しました。デバッグしますか? 行: 1074 エラー: 書き込みできません。」というものです。

Selenium RC(selenium-server.jar)を起動させる際のパラメータ情報が日本語であまり見当たらなかったので翻訳しておとどけします。  Selenium RCのバージョンは0.9.2のものを利用しています。

Selenium(Selenium Core, Selenium IDE, Selenium RC など)でテストケースを書く場合、かゆいところに手を届かせたい時に是非とも利用したいのがJavaScriptです。 しかし、まだまだその情報が気軽に手に入らないのが残念なところ。 「ないなら書いてしまえ!」ということでSeleniumでJavaScriptを利用したい場合に使える方法をまとめてみることにしました。

Seleniumを使っていて、テストページ内要素をjQueryで指定したりしたい場合、テストページ内にjQueryを埋め込んだあと、Seleniumで「jQuery」にアクセスしてjQueryを取得します。

テストケース実行前に、忘れがちな警告文を表示して教えてくれるコマンドを紹介します。

Seleniumにif文などの条件分岐コマンドを追加することができる便利なFirefoxアドオン「flow control」の紹介です。便利だよこれは!

Seleniumでテストケース実行中に任意のパラメーターを利用する方法を考えてみました。