PHP

今回はMovableTypeにあるPHPのクラスと連携してデータベース内のエントリー情報を取得するサンプルをご紹介しましょう。

さくらのVPSではyumをインストールしてPHPを入れることができますが、標準のリポジトリ(パッケージデータベース)ですとPHP5.1.6という古いバージョンが入ってしまいます。 そこで最新バージョンが入るように変えてみましょう。 同様にMySQLも最新版にしてみます。

phpMyAdminでテーブルのリレーション設定をしていて、DELETE ON CASCADEの設定をやっていたところ、ちゃんとインデックスも張っているはずなのに「インデックスは設定されていません」というエラーが出てしまいました。

Webシステムを作成する際に、1箇所は自動メール配信する機能をつけているのではないかと思います。 その際にここを気をつけて実装しないと思わぬトラブルに陥ってしまうポイントとその回避方法をご紹介したいと思います。

さくらのVPSでPHPをインストールしたんですが、GDモジュールを入れ忘れたので、以下の方法で追加インストールしました。

アップローダーなどを設置してOffice2007系のWord(.docx) やExcel(xlsx), PowerPoint(pptx)かどうかを判断するのは以外と大変です。 なんとかやってみましょう!

PHPFogの公式サイトで紹介されている情報をなるべくそのままの形でお伝えしようと思います。 なんとなくイメージを掴んでもらえれば幸いです。

今回は正しくレスポンスコード404を返しながら、エラーページを表示させる方法について書いてみたいと思います。

サーバーを管理している仕事柄、phpMyAdminを狙った攻撃を受けることがあるのですが、攻撃者がまず行うことは、phpMyAdminがインストールされてるっぽいフォルダがあるかどうかを調べる行為です。 そこで候補となるフォルダがあるやいなや、いろんな手を使って攻撃を仕掛けてきます。 ですので、攻撃対象にならないためにはphpMyAdminぽくないフォルダ名を付けることです。

サイト作成時にユーザーからファイルをアップロードしてもらう場合に気をつけることとして「それが正しいフォーマットかどうか」という点があります。 それを正しく判定するための情報です。