Smartyでキャッシュをオフにしても有効になってしまう

Smartyではスペルミスが思わぬ結果を招いてしまうことがあります。

例えばキャッシュを無効にしようとして、

class MySmarty extends Smarty {
public function __construct() {
(中略)
$this->cashing = FALES;
}
}

としてしまうと、キャッシュを無効にしたつもりが全く効かず、逆に有効になってしまうので注意!

$this->cashing = FALSE;

で正しく設定してあげましょう。

このページをシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2010-07-14