ITサービス

PHPでOAuthに対応したTwitter API を利用するために、PEAR::HTTP_OAuthをインストールしたみました。

Google Analytics のアクセスデータをプログラム(PHP)から取り出そうとしたところで意外な事実に驚いたのでメモ。

はい、先日Yahoo!が「Googleの検索エンジンを採用する」というビックリするニュースを発表しましたわけですが「じゃあどうすりゃいいの?」ってことで、私の経験からGoogle受けする対策を簡単ではありますが書いてみたいと思います。

インターネット上ではさまざまなサービスが雨後のタケノコのように生まれていますが、ほとんどの人はその存在を知ることはありません。 ちゃんと相手にリーチしていないからです。

6/23日辺り(場所によっては22日だったり24日だったりするかもしれません)に、Google Analyticsのレポート上でアドセンスのインプレッション数やクリック数、報酬の額がガクッと落ち込んで表示される事例が世界各国で起きています。

Googleは検索エンジンをはじめ、Google MapやGoogleカレンダーなど、便利なものをどんどん無料で提供してくれるありがたい存在ですが、その裏にある本当の目的はご存知でしょうか?

今や、数多くのWebサイトにアクセス解析目的で組み込まれているGoogle Analytics。 その解析データをAPIで利用できるようになっていますが、思わぬ罠もありそうですよ。

PHPのテンプレートエンジン「Smarty」を使うと、HTMLソースコード中のSmartyタグや元々読みやすくしていたソースコード用の改行コードやタブコードがあって、ソースコードの容量が増えてしまいます。 SEOにとっても良い事ではありません。

Googleでは今年からページの表示スピードをSEOの評価基準に加えることを発表しましたが、Googleが推奨する速度アップの改善方法の一つにCSSの指定方法があることが分かりました。

自分のとった行動で「無駄な時間を過ごしてしまった…」という時に役に立つ方法です。