ITサービス

2011/4/22 にGoogleジャパンのウェブマスター向け公式ブログに「複数のサイトを運営する皆さまへ」と題する記事が掲載されました。 タイトルは柔らかな表現ではありますが、内容を読んでみると正に英語圏のサイト群を恐怖に陥れた「パンダアップデート」そのものの説明です。

Googleアドセンスでは、ページの内容を取得して判断し、最適な広告を配信するようになっていますが、中には「このテキスト内容は省いて欲しい」という箇所があったりします。 今回はそれを省く方法をご紹介しましょう。

よく「自分のページをTwitterで宣伝してもらいたいなー」というときに、ユーザーのリテラシーが高ければJavaScriptのスクリプトレットなどで短縮URL化してツイートしてもらえますが、誰にでもできるようにするためには自分のページに短縮URLをツイートしてもらう仕組みを作るのが最善の方法です。 今回はそのテクニックを紹介。

みなさん1日1回は困りごとをGoogleやYahoo!などで検索していると思いますが、ピッタリの記事に出会うための魔法のキーワードがあることをご存知でしょうか?

なかなかストレートな本のタイトルで目を引く本があったので読んでみました。 ブログを書く身として日々感じていた漠然とした感覚が、成功しているみんながなんとなく感じていたものと同じであることを知って嬉しくなりましたね。

先ほど、マイナーなキーワードで検索したところ、私のドメインが検索結果の1ページ目に4つも出ているところを確認しました。 先日からニュースで、関連性の高いページであれば4つまで出るようになったというニュースを聞いていたのですが、体験したのは初めてなのでうれしいですね(^-^)

MovableTypeやWordPressなどのブログでは、記事を公開する場合にページのURLを設定することができますよね。 SEO対策にも良い影響があるため、積極的に活用していきたいところですが、最初に公開したアドレスを変更したい場合はどうしたらいいでしょう? 今回はその対策のお話です。

GoogleがブラウザベースでAndroidアプリを開発できる「App Inventor」をリリースしましたね。 アプリ開発のデモがYoutute上でおしゃれなCMさながらに展開されていますが、このApp Inventorが普及してくるとどのようなことが起こってくるのか、未来予想してみたいと思います。

PCサイトと携帯サイトを運営していて、携帯サイトをSEO目的でサブディレクトリに置いているサイトも多いと思いますが、それをクローラーにちゃんと教える方法です。 「携帯ページが思ったようにインデックスされない…」とお悩みのサイト運営者は参考にしてみてください。

いやいや、いつも楽しませてもらっているGIGAZINEさんのことだからおちゃらけ気味の本かと思いきゃ、真面目も真面目、大真面目な本じゃないですか。