ITサービス

Twitter Developer の記事によると、これまであまり明確ではなかった、独自クライアントからのリクエスト制限などの仕様がデベロッパーからの多くの要望により明確化されたようです。

Twitterのつぶやき(ツイート)は、APIを使って取得できるようになっていますが、日本語を扱う場合に若干のコツがあるのでその辺りを踏まえてパラメーターを紹介します。

既に多くの予定を入力して運用されているGoogleカレンダーを別のアカウントに移行する必要があったので、その時の作業をご紹介します。

iPadで描いたイラストや写真をMovableTypeにアイテム投稿できるアプリ「するぷろ」の紹介です。

検索エンジンっていうと、家電製品と同じで毎日利用しているにも関わらず、その裏側を知らない人は多いと思います。 この本はその裏側もある程度知りたいと思っている人にとって、良い参考書になるのではないでしょうか。

2011/4/22 にGoogleジャパンのウェブマスター向け公式ブログに「複数のサイトを運営する皆さまへ」と題する記事が掲載されました。 タイトルは柔らかな表現ではありますが、内容を読んでみると正に英語圏のサイト群を恐怖に陥れた「パンダアップデート」そのものの説明です。

Googleアドセンスでは、ページの内容を取得して判断し、最適な広告を配信するようになっていますが、中には「このテキスト内容は省いて欲しい」という箇所があったりします。 今回はそれを省く方法をご紹介しましょう。

よく「自分のページをTwitterで宣伝してもらいたいなー」というときに、ユーザーのリテラシーが高ければJavaScriptのスクリプトレットなどで短縮URL化してツイートしてもらえますが、誰にでもできるようにするためには自分のページに短縮URLをツイートしてもらう仕組みを作るのが最善の方法です。 今回はそのテクニックを紹介。

みなさん1日1回は困りごとをGoogleやYahoo!などで検索していると思いますが、ピッタリの記事に出会うための魔法のキーワードがあることをご存知でしょうか?

なかなかストレートな本のタイトルで目を引く本があったので読んでみました。 ブログを書く身として日々感じていた漠然とした感覚が、成功しているみんながなんとなく感じていたものと同じであることを知って嬉しくなりましたね。