ITサービス

Googleのウェブマスターツールなどを利用すると、外部のサイトからのリンクがどれだけあるかを把握することができます。 一方で、見つからない不正リンクなどを見つけることもできるので、SEO対策にも非常に便利です。 今回はその中で見つかったちょっと奇妙な現象とその対策方法を書こうと思います。

最初は自分だけの被害だと思って伏せていたのですが、被害が拡大中ですので公表しておきたいと思います。

津田大介さんの「情報の呼吸法」を読んでモヤッとしたものが残ったので、Twitterで無名の人にできるビジネス・スタート戦略を考えてみました。

いつの間についたの?って感じで遅いレビューかもしれませんが、Google Analytics にリアルタイムにどんな人がどこから、どんな方法でアクセスしてきているかが見られるようになっていますよ!

昨日、Googleウェブマスター向け公式ブログにおいて、著作者情報のマークアップに対応したという記事がアップされました。

Googleアドセンスブログで「プログラムポリシーに関するFAQ:オリジナルコンテンツについて」という記事が公開されました。 この記事の中でGoogleは他のサイトからコピーしたコンテンツと、独自コンテンツはどう違うのかが述べられています。

リニューアルされて賛否両論のGoogleリーダーですが、フィードリストのところのスクロールエフェクトが面白かったので紹介。

本日、Google Analytics Blog において、「ユーザーフロー」「ゴールフロー」という2つの機能がまもなくGoogleAnalyticsに搭載されるという発表がありました。

人のリアルな交流をインターネットで実現させ、破竹の勢いで発展しているFacebookにGoogleが苦しんでいます。 Google+なるものを開発し、Googleの膨大なサービスをGoogle+に集中させ、Facebookからユーザーを移行させようと目論んでいます。 しかし、似たようなサービスを展開する以上、大勢の人を一気にGoogle+に移せない限り、それは無駄な徒労に終わるでしょう。 それよりもGoogleにはGoogleの生きる道がちゃんとある気がします。

ITノンフィクション本の中でも近年稀に見る名作である「フェイスブック 若き天才の野望」ですが、本書にはとにかく沢山の登場人物が出てくるため、登場人物相関図がないと混乱してしまいます。 無いものは作ってしまうのが私のモットーなので、本書を読みながら登場人物相関図を作ってみました。