Google Analytics のリアルタイム解析がすごい!

google-analytics-realtime.jpg

いつの間についたの?って感じで遅いレビューかもしれませんが、Google Analytics にリアルタイムにどんな人がどこから、どんな方法でアクセスしてきているかが見られるようになっていますよ!

リアルタイム解析へのアクセス方法

アクセスするには、まずGoogle Analytics にログイン後、右上に表示される「新しいバージョン」の画面に切り替える必要があります。

2011年12月現在ではデフォルトで新しい画面になるようですね。

次に、上にあるオレンジのタブで「ホーム」タブを選択すると、左メニューに「リアルタイム(ベータ版)というリンクが現れます。 そこをクリックするとOK。

google-analytics-realtime-navi.gif

リアルタイムアクセス解析の能力を見るには「サマリー」を見てみるのが分かりやすいでしょう。

ユーザーのカウント

最も目を惹くのは、現在アクセス中のユーザー数を表す数字。 頻繁に増えたり減ったりします。 あまり一喜一憂しないようにしましょうね。 また、そのユーザーが新規ユーザーなのか、リピーターなのかも同時に表示されます。

google-analytics-realtime-summary.gif

ページビュー数

ページビュー数では、ページの閲覧時間が横棒で、数が高さで示されます。 棒が短いとダメというわけではなく、閲覧数の増減によって横棒が上に上がったり、下がったりします。

google-analytics-realtime-summary.gif

上位のアクティブページ

「上位のアクティブページ」では現在アクセスされているページURLとその数が表示されます。 もちろん、リアルタイムに増えたり減ったりします。

google-analytics-realtime-summary.gif

上位のキーワード

「上位のキーワード」では現在アクセスされているページにランディングしてきたキーワードが表示されます。 見てると思わぬロングテールキーワードを発見できる可能性も。

google-analytics-realtime-summary.gif

上位の所在地

「上位の所在地」ではページにランディングしてきたユーザーの所在地がオレンジの点で示されますが、突然「ポッ」と点灯したりするのが嬉しいですね。

google-analytics-realtime-summary.gif

他にも左メニューの「地域」「トラフィック」「コンテンツ」を見ると多くのリアルタイムな情報を得ることができますが、これらが正に今来ているユーザーを様々な角度で表していることから、よりユーザーの心理を知ることができるようになるツールではないかと思います。

みなさんもぜひ有効な活用法を見つけてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2011-12-06