検索エンジン

Yahoo!やgoogleなどの検索エンジンには、通常のキーワードによる検索だけでなく、ページへの参照リンクの数や、あるWEBサイトのページがどれだけ検索エンジンに登録(インデックス化)されているかを調べたりすることができます。

Googleスプレッドシートを利用したWEBスクレイピングで被害を被っている人がいる事実を知ってほしい。

今回は正しくレスポンスコード404を返しながら、エラーページを表示させる方法について書いてみたいと思います。

Yahoo!では、自分たちのサイトがどういったブラウザーを正式にサポートしているかをGrade(階級)で定義しています。

AMPとモバイルサイトのアドセンスをプラグインだけで乗り切りたい人向け。

Googleの2段階認証を導入すると不便すぎてストレスになるという話。

SSL証明書が丸1日期限切れになったままのサイトでアクセス数はどうなったのでしょう?

Googleのウェブマスターツールで予想外の「ソフト404エラー」を食らってしまった時の対処法

Google Analytics API も OAuth2.0への対応が必須に… 調査の結果、gapi.cla […]