Titanium Studioでエラー「[Titanium SDK Home] The Desktop-SDK root path /Library/Application Support/Titanium/sdk/osx’ is not a directory」

Titanium Studio 2.0.2の話なんですが、なんだか簡単なサンプルアプリの構築でもAndroid Emulatorでエラーが出るなぁと思って「環境設定」から「Aptana Studio」→「Titanium」の項目を覗いてみると次のようなエラーが表示されていました。

[Titanium SDK Home] The Desktop-SDK root path /Library/Application Support/Titanium/sdk/osx' is not a directory

不審に思って、指摘されたディレクトリを覗いてみると…確かに「Titanium」ディレクトリまではあるのだけど、その中には「modules」と「mobilesdk」しかない。「sdk/osx」がどこにもない。

どういうことだ?と思っていろいろ調べてみると、TitaniumにはDesktop-SDKというものもあることを知り、これをインストールしていないことによるエラーであることが判明。

Titanium Desktop SDKをダウンロード

まず、Titanium Studioが起動している場合は終了させておきます。

Titanium Desktop SDK はappcelerator社のブログからダウンロードできるので、OSX用のものをダウンロードしましょう。

解凍すると「desktop-1」というディレクトリができます。

各ディレクトリを適切に配置

これをそのまま「/Library/Application Support/Titanium/」内に配置してもうまく認識してくれません。 以下のルールに従って「desktop-1」ディレクトリ内のフォルダを配置してください。

ここで言う「/Library/」は各ユーザーのライブラリディレクトリのことです。
MacOSX Lionの場合はメニューバーの「移動…」をOptionキーを押しながらクリックすると「ライブラリ」を選ぶことができます。

ディレクトリ名 移動先
desktop-1/runtime /Library/Application Support/Titanium/runtime
desktop-1/sdk /Library/Application Support/Titanium/sdk
desktop-1/modules/osx /Library/Application Support/Titanium/modules/osx

配置できたらTitanium Studioを起動してみましょう。
うまくエラーが消えてくれれば成功です♪

このページをシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2012-06-20